スポーツミックスにフィットする『リシャール・ミル 』の腕時計をご紹介

愛用時計

これまでの概念を覆す、独創的でスタイリッシュな腕時計を生み出す『リシャール・ミル 』。

高級時計の中でも、トップの価格帯にもかかわらず、世界中で数多くのファンを魅了しています。

最近では、真の成功者が身に着ける時計として、ますます人気を高めているブランドです。

そんなリーシャ・ミルでは、昨今のファッショントレンドである『スポーツミックス』を取り入れていることをご存じでしょうか?

今回は、天下のリシャール・ミルならではの超スペックで作り上げた、スポーツミックスコーデにフィットする、新作ウォッチをご紹介します。

ストリートのテイストも感じられる、大胆かつカラフルなルックスの時計は、まさに今の気分にマッチします。

多様化した生活様式に対し動きやすい服装に馴染むモデルばかりなので、是非チェックしてみて下さい。

リシャール・ミルとは?

リシャール・ミル(Richard Mille)は、2001年にデビューして以来、今までの概念を覆すような、独創的な時計を誕生させてきました。

航空界やF1の車体に用いられる、最先端の素材を使用している点が大きな特徴です。

また、自社ではなくスイスでも指折りのサプライヤーで組み立てを行うことも、重要なポイントになっています。

これにより、自社一貫生産という昨今の高級時計界の潮流に、大胆にも一石を投じたのです。

しかし、リシャール・ミルはスイス時計の伝統と技術を軽視しているのではなく、むしろ先人たちの遺産を進化させるという信念のもと、時計に新たなコンセプトを提供し続けているのです。

ブランドのコンセプトは、「エクストリーム・ウォッチ=過激、極端な時計」をメインとしています。

このコンセプトに基づき、軽量かつ極限状況でも使用可能な、機械式腕時計を製造しています。

加工が難しいと言われる、チタンを用いた特殊な部品を多用しており、ほとんどの製品は1千万円から1億円以上と高額であり、限定品でもあるため、入手困難となっています。

近年では、テニスや陸上などのスポーツ選手やレーシングドライバーなどがアンバサダーとなって、それぞれの同社の製品を着用し、人気を博しています。

リシャール・ミルの歴史

リシャール・ミルは、スイスの高級腕時計ブランドです。本社はジュラ州のレ・ブルルーにあります。

モーブッサンなど、複数の高級ブランドに携わった経験を持つリシャール・ミルによって、2001年に設立されました。

リシャール・ミルは創業以来、著しく急成長を経て、トップクラスの高級時計ブランドへと成長しました。

ブランドのモットーは、「全く新しい素材イノベーション」「唯一無二の技術」としています。

そして高額でも売れるモデルにするために、巧妙なブランド戦略を行ってきたことも、リシャール・ミルを現在の成功へと導くカギとなりました。

リシャール・ミルの魅力

リシャール・ミルは、その誕生以来、何かと時計業界の間で話題となることが多くありました。

とりわけ、プライス面では話題には事欠きません。その平均単価は2000万以上で、モデルによっては億超えという驚きのプライスになります。

高級時計ブランドの中でも、平均価格が2000万円超などと言うリシャール・ミルは異例中の異例です。

それにも関わらず、売れ行きは好調で、多くの時計メディアや時計業界人が、リシャール・ミルの価格帯について「適正」としており、好意的に見ているのです。

これは、リシャール・ミルは確かに高価格ではあるものの、製品のクオリティ自体も別格であるからです。

リシャール・ミルは、エクストリーム・ウォッチを一貫して作り続けてきたことで、「時計界のF1」というブランドイメージを定着させました。

これは、ただの喩えではありません。実際に、リシャール・ミルの製品には、航空機体やF1の車体に用いられる最先端の素材が使われています。

この素材へのこだわりこそが、リシャール・ミルの素晴らしいパフォーマンスに繋がっています。

これまで、時計業界ではありえなかった新素材を使うことによって、「低負荷」「軽量」といった、日常使いにおける高い実用性を獲得することとなりました。

低負荷で軽量という特徴を持つリシャール・ミルですが、「耐久性」の高さも定評があります。

特に、耐久性を限りなく向上させた「トゥールビヨンモデル」は、投げても壊れないことで、大きな話題を呼びました。

一般的な機械式時計は繊細であり、衝撃を与えると普通は壊れてしまいます。ましてや複雑機構を搭載したモデルなら、なおさらのことです。

しかし、その常識を覆したのが、リシャール・ミルの技術なのです。

まさに世界最高峰の技術で作られた、究極の時計といえます。

このように、リシャール・ミルは、大量生産とは無縁の、限定的で高価格帯なハイスペック路線を突き進み、時計業界の中での存在感を獲得したのです。

リシャール・ミルの人気のモデル

RM 001 TOURBILLON

出典:リシャールミル公式サイト

リシャール・ミルの記念すべき初モデルです。

当時は、まだ無名ブランドでしたが、今までにない斬新なデザインは、世界中に衝撃を与えました。

高価格にも関わらず、世界限定17本でリリースされたすべてが、瞬く間に完売しました。

防水50m、70時間パワーリザーブは、第一作目の時計とは思えないハイスペックです。

そのデザインは、リシャール・ミル=スケルトンを印象付けるきっかけとなりました。

RM 11-03 AUTOMATIC FLYBACK CHRONOGRAPH

出典:リシャールミル公式サイト

人気の高かった、RM 011シリーズの後継機種です。

可変慣性モーメントローターという、新技術が搭載されたハイスペックモデルです。

レーシングカーの車輪にインスパイアされ、作成されたデザインとなっています。

 世界で初めて搭載された可変慣性モーメントローターは、巻き上げ効率を調整できる機構です。

自動巻き上げに必要な振動が少なくても、必要な回転数を得られる仕様になっています。

RM 27-03

世界的テニスプレイヤー、『ラファエル・ナダル』とコラボしたモデルです。

数年に及ぶ膨大な研究を行い、極薄のトゥールビヨン・ムーブメントを10,000Gの衝撃から守るハイスペックに仕上がりました。

ベゼルとケースバックはノース・シン・プライ・テクノロジー社と共同開発しています。

世界限定50本で発売されたスポーツウォッチで、ラファエル・ナダルはテニスをプレイ中でもこの時計を着用しています。

強固に作られたRM 27-03は、激しいスポーツ中でも精度を保ち動き続け、機械時計=弱いという概念を覆しました。

2021年リシャール・ミルの注目の新作

リシャール・ミルは、新しいモデルが発表されるたびに大きな反響をよんでいます

今回発表された3つの新作モデルは、最先端の技術を駆使したセラミックス製です。

ギヨシェを施したマルチマテリアルの文字盤が、独自の煌めきを放っています。

性能に対する妥協のないアプローチで、最高レベルの機械式時計に仕上がりました。

では、これより新作の注目ポイントについて徹底解説いたします。

「RM 07-01 オートマティック カラーセラミックス」

出典:リシャールミル公式サイト

これまでになかったケースの色や、グラフィカルな文字盤のデザインを採用したモデルです。

RM 07-01 パステルブルー、RM 07-01 パステルピンク、RM 07-01 パステルラベンダーは、それぞれ50本限定生産です。

バイカラーを組み合わせ、エネルギッシュな華やかさを備えています。

カラーリングは、マイアイミにあるアール・デコ建築にインスピレーションを受けているそうです。

手仕上げのギヨシェ彫りを施した文字盤の輝きが、爽やかで美しい印象です。

16世紀に起源を持つ装飾技法であるギヨシェは、伝統に則り手回し旋盤で切り出された1本1本の線が、 交差したり重なったりし、グラフィカルなモチーフを作り出すというものです。

この技は、修行を積んだ職人でないとできない、繊細な作業を必要とします。

「RM 74-01」

出典:リシャールミル

「RM 74-01」に使用されているグレーサーメットは、優れた耐腐食性と耐傷性を有しています。

チタンの軽量性と、セラミックスの硬度を兼ね備えたグレーサーメットは、ジルコニウムの金属マトリックスと高性能セラミックスを組み合わせたものです。

これは、ダイヤモンドに匹敵する硬度を誇る素材で、このモデルのケースとして最適な材料です。

リシャール・ミルとIMIグループは、長年にわたって研究をして、この素材を開発し、独特のグレーの色合いを実現したのです。

一方、ミドルケース、ブリッジ、および地板はグレード5チタン製となっています。

ケースのデザインと見事に調和して、洗練された印象になっています。

「RM 74-02」

出典;リシャールミル

「RM 74-02」には、リシャール・ミル独自の素材、ゴールドカーボンTPTを採用しています。

独特な複合材料と貴金属を組み合わせ、この開発には、数年におよぶ期間を要しました。

この時計の構成部品は、優れた耐性だけでなく軽量性も備えています。

カーボンのマットブラックカラーとゴールドが、魅力的なコントラストを生み出しています。

ダスキーカラーのモアレ模様があしらわれた24Kイエローゴールドのラインは上品な雰囲気を醸し出します。地板や、ポリッシュ仕上げのピラーを配したレッドゴールド製ミドルケース、さらにイエローゴールドで縁どられたリューズと連動しています。

まとめ

一切の妥協を許さない究極の時計ブランド『リシャール・ミル』

1000万円を超える価格で作られるウォッチ達は、真の成功者が身に着ける時計として、憧れの的になっています。

時計界の頂点に君臨したリシャール・ミルの、唯一無二とも言える崇高な腕時計を、あなたも味わってみませんか?

PREMIER VALUE 一括査定は、ハイブランドバッグ・時計専門の査定サービスです。フォーム入力後はプロが価格交渉を代行するので、高額買取が簡単に実現できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました