初任給で買えるロレックスは?買う方法やおすすめモデルなどを紹介

初任給でロレックス 愛用時計

社会人となり、仕事にも慣れ始めたころにやってくるのが、嬉しい初給料日です。初任給の使い道は、親孝行や貯金、自己投資など人によって異なります。

今回は、初任給の使い道としておすすめの、長年愛用できる腕時計をご紹介します。おすすめする理由もご紹介しますので、ぜひ使い道の参考にしてみてください。

社会人にとって腕時計は不可欠

腕時計は、社会人にとって必要不可欠なアイテムです。腕時計は、ビジネスマンの嗜みとしての重要性が高く、一流品を持つメリットを強く感じることができるアイテムです。よって、自己投資として購入するべきビジネスアイテムの中では、特に最適なのです。

学生時代は「時間は携帯電話で確認しよう」と思っていた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、入社してから社会との関わりが増えるにつれて、どうしても腕時計が必要なシーンは出てきます。たとえば、会議や商談中などに時間を確認したい場合、携帯電話を出すわけにはいきません。

多少値段は張っても、フォーマルな場面にも合わせられる腕時計を一本持っておくことをおすすめします。時間を確認するだけなら、チープな腕時計でも事足りますが、腕時計は他人に「魅せる」という大事な役割があるのです。

そのため、きちんとした腕時計を身に着けることは、身だしなみを整えるのと同義なのです。スーツやネクタイ、バッグや靴や同じように、ビジネスシーンを意識した腕時計を取り入れるようにしましょう。

初任給で時計を買うのは当たり前?

社会人になると、より「時間」を意識して行動しなくてはなりません。そのため、社会人はスーツやオフィスカジュアルに合う、ビジネス用の時計が必要になってきます。

新社会人になる前に腕時計を新調する方や、初任給で時計を買う方は昔から多いです。学生時代は私服に合うようなカジュアルな腕時計を使っていた方も、新社会人になるにあたって、スーツに合う腕時計が必要になります。

初任給で腕時計を購入すべき理由

初任給できちんとした時計を購入するべき理由は2つあります。まず、社会人をスタートする段階でフォーマルな腕時計アイテムを持つことで、第一印象からこだわりのある人間と認識してもらえることはメリットとして大きいでしょう

。特に、腕時計の価値がわかる人からは、好印象を得られやすい傾向にあります。歴史あるブランドの腕時計であれば、世代が違う方との話題にもしやすいかもしれません。

また、長年愛用できることも大きなメリットです。安価な腕時計は、5年10年と使えるようには作られていないことが多く、長い目で見るとあまりおすすめできません。一方、一流の腕時計であれば、高品質かつ保証がしっかり付いている場合が多いため、長期間愛用することが可能です。

一流のものを使っていると、それにふさわしい社会人になろうと、仕事のモチベーションも上がりますね。毎日、腕時計を着ける瞬間が楽しみになるのもひとつのメリットです。

初任給の平均データをチェック

初任給の分布を学歴別にみると、大学卒では、男女ともに20万円台が最も多くなっています。また、高校卒では、男女ともに16万円台が最も多いようです。誰もが知っている高級腕時計ブランドROLEX(ロレックス)は、一番安いモデルでも50万円代なので、平均的な新入社員の初任給でこの額は難しいと言えます。ですが、それは現金一括での購入を想定した場合です。分割払いを利用すれば、十分に手が届くモデルも多く存在します。

初任給でロレックスを買うには?

最近では、回数制限はあるものの、ローン金利無料のサービスが多く見られます。これを利用すると、例えば60万円の腕時計を購入する場合、初任給から10万円を頭金にすれば、月々1万円ほどでロレックスを手に入れることができます。ローン無金利キャンペーンを謳う販売店も増えたことにより、高級腕時計が以前より買い求めやすくなっているようです。

ロレックスは、新品価格は50万円代から100万円を超えるものが大半です。このような販売価格だけを見て、「高すぎて買えない」と購入を諦めている新社会人の方も多いのですが、ロレックスは販売価格同様に、買取価格も高額なブランドです。

よって、100万円で購入した時計を2年使用して売ったら80万円で売れた、ということも多くあります。そのため、上手に購入すれば、かなり少額のコストだけで買えてしまうという魅力があります。

社会人におすすめの時計

ここからは、フォーマルな場面で使える、初任給で買うべきおすすめの腕時計をご紹介します。シンプルゆえに長く愛用できるモデルばかりなので、是非チェックしてみてください。

控えめで上品なルックスのロレックス「エクスプローラーI」

エクスプローラーI 214270

ロレックスのエクスプローラーIは、1953年にロレックスから生み出された、スポーツモデルです。知名度が抜群のエクスプローラーIは、ブランドを牽引する人気の高さとなっています。 「探検家」という勇敢な名前を持っていますが、他のスポーツロレックスと異なるのが、まるでドレスウォッチのようなシンプルなルックスであることです。

視認性が高く堅牢なケースや、信頼性の高いムーブメントなど、「実用時計の王者」とロレックスが呼ばれてきた要素全てを詰め込んだ、欠点のないスポーツウォッチです。初代から一貫した、カレンダーさえ持たない洗練されたデザインは、いつの時代も世界中の時計愛好家から愛されいます。

そのシンプルさから、幅広いシーンで着用することができ、幅広い年齢層のユーザーから高い支持を獲得しています。ビジネスシーンではもちろん、デイリーユースとしても可能な実用時計として、絶大な人気を博しています。無駄の一切を省いた、控えめで上品な外装であるため、新社会人さんにもつけやすいデザインとなっています。

スポーツロレックスの中で人気トップを争う「サブマリーナー」

ロレックス サブマリーナ 16610

1953年に誕生した世界初のダイバーズウォッチ「サブマリーナー」は、ダイビングツールとしての基本デザインを確立したモデルです。長い歳月の中で熟成を重ね、ダイバーズウォッチの代名詞といえるモデルへと成長しました。

ロレックスを代表する人気モデルであり、現在もスポーツロレックスの中では、トップを争うセールスを誇っています。また、「赤サブ」「軍サブ」「Wネーム」といった、ヴィンテージロレックスの中でも希少性の高いモデルが数多く存在しており、コレクターズアイテムとしても有名です。

安定した精度を誇っている、心臓部を保護するオイスターケースは、300mもの防水を誇る頑強な作りとなっています。日付表示はクイックチェンジ式となっているため、実用性にも優れています。

信頼性と堅牢性、そして機能性に優れた「サブマリーナー」は、あらゆるシーンで季節を問わず活躍するスポーツモデルです。本格派ダイバーズとはいえど、ビジネスシーンでも通用する使い心地であり、仕事でスーツを着用する方からも安定した人気を誇っています。

オメガ スピードマスター

オメガは、知名度が高いスイスの高級時計ブランドです。ロレックスよりも、やや購入しやすい価格帯であり、全体的にスポーティーな印象があります。

よって、20~30代の若い世代でも違和感なく身に着けることができます。そんなオメガのおすすめモデルは「スピードマスター 」です。モータースポーツ用に開発されたスピードマスターは、アポロ11号の乗組員が着用していたことで有名になりました。

クロノグラフやタキメータースケールなどを組み合わせた腕時計で、誕生から50年以上ほとんど変わらない仕様となっています。高性能な点もさることながら、シックなデザインが愛されているモデルです。オーソドックスなデザインなので、オンオフ問わずに使うことができます。

まとめ

今回は、初任給で購入したい、おすすめの高級腕時計をご紹介しました。ご紹介したものは全てが「ワンランク上」のモデルであり、ビジネスシーンに適しています。そして、ずっと使い続けていられるものを身に着けるのが、ビジネスマンのステータスでもあります。新社会人のスタートに最適な一本を、ぜひ選んでみてください。

PREMIER VALUE 一括査定は、ハイブランドバッグ・時計専門の査定サービスです。フォーム入力後はプロが価格交渉を代行するので、高額買取が簡単に実現できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました